リフォームで一番大切なこと

本当にこのままで良いのでしょうか?

最近、リフォーム広告で、キッチンやユニットバスなどの商品が並び、
商品の価格競争ばかりが目につくようになりました。
もちろん、こんな不景気な時代です。
同じメーカーの同じ商品ならば、1円でも安く買った方がお得なことに間違いはありません。

でも、同じ建設業に身を置くものとして、この傾向は残念でなりません。
その理由は、私たちが売るのは商品ではなく、技術と満足を売らなければいけないからです。
商品を売るだけなら、建設業者である必要はありません。

リフォーム工事は新築よりも難しい

「壁を壊してみたら、断熱材が腐っていた」とか
「お風呂を改修したら、土台が シロアリに喰われていた」など、
実はリフォーム工事は新築と違い、その工事範囲について分かりづらい部分があります。

「こんなに痛んでいたの...」そんなため息をつく方を、何人も見てきました。
また、そんな困っているお客様の弱みに付け込み、
法外な金額を請求するリフォーム詐欺が後を絶たないのも現実です。

リフォームで一番大切なことは?

リフォームで一番大切なことは?

それは、信頼できる職人や会社を選び、お考えの予算の中で、
希望に沿ったリフォーム工事を行うことが最も重要です。
実は現場監督と職人の経験によって、満足いただけるリフォームと、
満足いただけないリフォームに大きく分かれてしまうのです。

そのため、私たちは経験豊富な現場監督の指示のもと、
腕の良い職人を厳選し、まごころを込めてリフォーム工事を行います。