リフォームをする前に

「いくら位かかるのかな?」とお悩みではないでしょうか?
まだリフォームをしてはいけない!

私たちが年をとるように、住宅も年をとっていきます。
その結果、若い時に買ったマイホームも定年を迎える頃には、あちこちに不具合が生じ、
リフォームが必要となる場面が増えてきます。
そこで、お伺いしますが、皆さんはリフォームの適正価格をご存知ですか?

見積書を比べても意味がない

見積書を比べても意味がない

リフォームの現場では、同じ工事は1つもありません。
毎回何処か違った工事になります。
そのため、リフォーム工事の満足度は職人さんの技量が大きく影響します。

でも、ご存じのように腕の良い職人は、手間代が安くありません。
腕一本で勝負しているのが職人の世界です。当たり前といえば、当たり前ですね。
そのため、「良い職人さんに頼めば、いくらかかるか心配」
そんな不安もお持ちだと思います。

また、せっかく安い金額で契約しても、工事が始まると
「これは、見積もりに入っていません。別途いただきます」
となり、結果的に予算をはるかにオーバーしてしまったケースもあるようです。
これでは、見積書を比べても全く意味がありません。
では、どうしたらいいのでしょうか?

どのくらいの金額でリフォームが出来るのか?

リフォームで後悔しないためには、適正価格を知ることが大切です。
ひと口に「リフォーム」と言っても、数万円∼数百万、
中には数千万円というリフォーム工事まで幅広いのが現状です。
三井のリフォーム軽井沢店は、たくさんのお客様からリフォーム工事をお任せいただきました。
お気軽にスタッフにお尋ね下さい。例えば、、、

どのくらいの金額でリフォームが出来るのか?
  • お風呂やキッチンをリフォームする場合の平均費用は?
  • 100万円以下の予算でどこまでリフォームできるのか?
  • 「高い見積書」と「安い見積書」を比較する時の注意点は?

などなど。

リフォームは新築と違い、工事の内容が不明確です。
そのため、法外な金額を要求されたり、騙されたりするケースが
社会問題となっています。

でも、リフォームの実例をご覧いただき、
適正価格を知っていただければ満足のリフォームが可能となります。

もし、あなた様がリフォームでお悩みならば、ぜひ一度ご相談ください。
そして、一体どのくらいの金額で、どの程度のリフォームが出来るのか?
適正価格を知ってください。契約は、それからでも遅くありません。